--

--.--

« スポンサーサイト »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2011

03.09

« 前置詞の練習 »

前回のスピーチセラピーで課題として出された前置詞を使う練習
(詳しくはこちら→ ぼっちんの苦手な音

絵本を使って練習するようにと言われたのだけれど
うまくいかなくてままちゃんもぼっちんもイマイチ楽しめず。。。

ってことで気分を変えてお外で遊びながらやってみることにしました♪
オーストラリアは夏!!(日本の9月みたいな感じでしょうか。。。)
最近は暑くて外なんかで遊べるかぁ~って感じだったのですが
今日は都合のよいことにくもってる
しかも結構涼しい

まずは普通にボールで遊びぼっちんを満足させてから。。。
少しづつお勉強&体操要素を入れてみました


☆☆in out の練習☆☆
  縄跳びのひもを地面に円を描くように置き
  "Go in the circle" ジャンプしながら円の中へ
  "Go out the circle" ジャンプしながら円の外へ

まずはわたしがこれを言ってからジャンプして見せました
そしてぼっちんにもこれを言わせてからジャンプさせるようにしました
ぼっちんはジャンプするのが好きなので結構ノリノリでやってくれました♪



途中でまたボールで遊びつつも・・・



☆☆次はon under around の練習☆☆
  ボールを椅子の上に置き(又は 椅子の下に置き)
  " Where is the ball?"(ボールどこいったかなぁ?)と大げさに聞く
  そして間髪入れずままちゃんが
  "It's on/under the chair" と答え それを復唱させる


   aroundに関しては
  "Let's go around the chair" と言って椅子のまわりをぐるぐるまわる
  

これも最初は結構ノリノリでやってくれました
でもちょっと勉強モードが強すぎたのか飽きてきた様子だったので
また少しボールで遊んでから
今度は模倣の練習をしてみました

去年半年ほどABAをしていたのでその時の要領でやってみました
「これやって」と言ってわたしが見本を見せ
ぼっちんはそれを見て真似る練習です
去年はあまり好きではありませんでしたが
久々にやってみて今回はどうでしょうか??


☆片足で立つ(反対の足も)
☆片足でジャンプ (これは出来ませんでした)
☆足を閉じてる状態から開く
☆足を開いている状態から閉じる
☆2回ジャンプ・3回ジャンプ
☆両手を広げる
☆両手を広げて飛行機~といいながら走り回る
☆両手を頭につけてうさぎのポーズ
☆うさぎのポーズでジャンプ
などなど。。。

これが思いのほか楽しそうにやってくれました

わたしも幼稚園の先生さながらに
ちょ~ハイテンションでやりましたよ~っっ

ぼっちんの楽しそうな笑顔が見れて
わたしも楽しかったです

ままちゃんとしては去年出来なかったことが出来るようになってたり
以前は動物のまねなんて絶対やってみようともしなかったのに
今日は楽しそうに真似てくれたり!!
成長が見られてうれしかったです

今日は楽しい時間が過ごせてよかったです


  ランキングに参加しています
  よかったら↓こちらと。。。↓こちらをポチっとおねがいします
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ



  



Speech Therapy (ST:スピーチセラピー)トラックバック(0)  コメント(0) 

    2011

02.28

« ☆☆スピーチセラー4回目☆☆ »

☆☆スピーチセラピー 4回目☆☆

★1回目 
泣き叫ぶ → 最後の5分ぐらいでやっとセラピストのメアリーとコミュニケーションがとれる

★2回目 
警戒の目でメアリーを見つめる → メアリーが椅子に座ったらと声をかけるやいなや大泣き
→ なかなか警戒心がとけず、レッスン時間はほとんどなし

★3回目 
すんなりとセラピーの部屋に入る → 椅子にも座る  
→メアリーもぼっちんの大好きなドアつきオモチャでぼっちんの気持ちをがっつりと掴む
→ちょっとぐずったが15分もレッスンができた!!
(ドア好きについてはこちらへどうぞ)

さて4回目はどうだったのかというと。。。

これがびっくり!!!
ぼっちんは前回でメアリーに対しての警戒心が完全にとけたらしく
メアリーを見つけるやいなや嬉しそうに寄っていって
”Hello, Mary!!"と何度も繰り返すではないのっっ
しかも満面の笑みでっっ
え~っっ この変貌振りはなんだっっ!!

こんな変貌ぶりを見たのは初めてだったのでちょっとびっくりもしたけれど
あ~ 新しい人にでもこんな風に慣れていくことができるのねって正直安心したわ
だってぼっちんは産まれてこのかた ままちゃんの親以外に預けたこととかないもので・・・
なんか預けちゃいけない気がしてねぇ・・・
わたしが居なくなった後の惨劇が目に浮かぶようで 預ける勇気が持てませんでしたのぉ

そしてレッスンの間もこれまでとはうってかわってメアリーの指示をきちんと聞き
ちょっとぐずるときもあったけれどちゃんとレッスン受けてました

もちろんメアリーのプロの技と言いますか
ぼっちんの気持ちぐっと引き寄せるのが至極上手いメアリーのおかげで
ということは言うまでもまでもありませんが・・・

それにしてもっっ
4回目にしてレッスンらしいレッスンが出来たことは母にとってははうれしいびっくりでした

その肝心のレッスンの内容はというと・・・
まだまだ言葉の発達が遅いぼっちん

メアリーはとにかくぼっちんに言葉を使わせてコミュニケーションをとらせてました

例えば・・・
ぼっちんの好きなオモチャで小さな車が左右交互に落ちていくオモチャがあるのですが
それをやりたいとぼっちんが言ったときもまずは他のオモチャを出してきて

メアリー: 「車のオモチャとパズル どっちがいい?」と聞き

ぼっちん: 「こっち」 と車のオモチャを指すぼっちんに対して

メアリー: 「車のオモチャかして と言って」 と指示

ぼっちん: 「車のオモチャかして」

メアリー: 「あら~上手に言えたのね~もちろんいいわよ!!」と大げさに褒めてオモチャを渡す

こんな風に普段の生活の中でも少しでもたくさんの言葉を使って
コミュニケーションをとる練習をするように とのことでした

また例えばテレビを見ていたときに好きな電車がでてきてそれをわたしに伝えようとしてきたときなんかも

ぼっちん : 「ママ 電車!!」 と単語を言うだけのところを

ままちゃん: 「ママ 電車だよ!!」        
         「ママ見て 電車だよ!!」         
         「ママ 青い電車だよ 早いね~!!」

のように本人のボキャブラリーの多さに準じて文章を長くしてやるといいのだとか

うん これならやれそう!!!

これは日々 実践してます♪
ぼっちんはまだまだ決まりきった文章(教え込んだ文章↓)しかいえないので
(「バナナちょーだい」 「一緒にすわろ」 「本よんで」などなど。。。)
毎日毎日こういう練習を重ねればきっと自然な文で話せるようになると信じています

がんばれ ぼっちん おぅ~っっ!! 
がんばれ ままちゃん おぅ~っっ!!


  ランキングに参加しました
 ↓こちらと。。。。。↓こちらをポチっとおねがいします
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ




  









Speech Therapy (ST:スピーチセラピー)トラックバック(0)  コメント(2) 

    2011

02.22

« スピーチセラピーでの収穫 »

これまで4回スピーチセラピーに通いましたが
その中で普段からできることをいくつか教えてもらいました

今日はそのうちの一つを紹介しようと思います

☆ごっこあそび
簡単なようでこれって自閉症っ子にとってはとっても難しいんです
まず自閉症のこどもは人が何を考えているのかなど
他人の気持ちを読み取ることがとても苦手だと言われています
なので大きくなっても言うべきでないことをズバッと言ってしまい
『空気の読めない人』と勘違いされてしまうことが多いそうです

ごっこあそびは自分と他者との関係を仮想の世界で演じるものなので
自閉症のこどもたちにとっては難易度の高い遊びだと言えると思います

メアリーはこれを日常の中でたくさんとりいれてあそぶよう言われました
ごっこあそびを通して他者との関係を築く練習にもなる
また定着させたい日常のルーティンを教える場としても有効なのだと教えてくれました

例えばトイレトレーニングをしてる最中だとして教えたいことが
パンツを脱ぐ→便座に座る→用を足す→流す→パンツをはく→手をあらう→タオルで手をふく
という一連の行動だとしたら これを人形をつかってぼっちんと一緒にやるのです
そしてその人形がそれを全部やり終わったら
ぼっちんにするのと同じように心から人形を褒めてやるんです
そうすれば自分が褒められたときのことと重なりその行動が定着しやすくなるそうです

なるほどぉ~っっ

と、いうことでごっこあそび よくやってます
まだ行動の定着については実践できていませんが・・・
これからですよね

でも最近めきめきと演技が上達してると感じるままちゃんなのでしたあはっっ


  ランキングに参加しました
 ↓こちらと。。。。。↓こちらをポチっとおねがいします
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ



Speech Therapy (ST:スピーチセラピー)トラックバック(0)  コメント(0) 

    2011

02.22

« ☆☆スピーチセラピー2回目&3回目☆☆ »

☆スピーチセラピー2回目&3回目☆

2回目は1回目ほどは泣かずにレッスンを始めることができました
ですが1回目と同様、ほとんどレッスンと言えるようなことはできませんでした
(1回目はこちらです
でもこれももちろん『想定内』ですけどねぇ

そして3回目
これはなんと『想定外』の展開でした
でもこれはよい方向で
2回目の最後にはメアリー(スピーチセラピスト)とだいぶうちとけていたぼっちん
なんと3回目にしてメアリーの指示をすんなりと受け入れ、椅子に座ったのです
これにはびっくり!!!!
わたしは何ヶ月かかろうとも辛抱強く
と心の中で何度も自分に言い聞かせていたぐらいなので
たった3回目で というのは本当に想定外でした

レッスンの時間は30分と結構短めなので正味15分ぐらいだったかもしれませんが
メアリーの指示を聞きそれにしたがってレッスンを受けていました

ぼっちんが日本にいた頃(4ヶ月前)に受け入れていた人は
ままちゃん・ぱぱちん・おばあちゃん・おじいちゃんの4人でした
とても警戒心が強い上にさほど人に興味がないので
ぼっちんに本気で根気強く接してくれる人で
しかもそれなりに長い時間を一緒にすごした人でなければ
なかなかぼっちんの世界には入れてもらえなかったのです

でもオーストラリアに来てぱぱちん方親戚と会う機会が増え
(プチ情報:ぱぱちんは4人兄弟の末っ子です)
ぼっちんの許容範囲が広がったのかもしれません

また話がそれてしまいそうなので戻します!!

そう、スピーチセラピーですよね
メアリーはぼっちんと会った印象をこのように話してくれました

まずメアリーが想像していたよりも状態はよいとのこと
ままちゃんやぱぱちんとのコミュニケーションがある
アイコンタクトもあり、自分の要求を言葉で表現することが出来る

しかしとても敏感で新しい場所や新しい環境に適応することができないために
現状のままでは普通に生活するには不都合が生じるであろうこと
それについては作業療法士にお願いするとよいとよいこと
(来月には作業療法の予約がとれました)

それと同時にぼっちんの場合は言葉の理解が進めば
今のように何が起こるのか不安で泣き叫ぶことも減っていくであろうこと

メアリー曰く
『これまでの経験から言えば将来的に“自閉症”という診断がとれるところまで
もっていけるかもしれない』とのこと

それを聞いたままちゃんとぱぱちんと感想は
『へぇ~』
というぐらいのものでした

もちろんそういう可能性を秘めていると言われることは嬉しいけれども
まだ分からない未来のことでぬか喜びをするほどわたしたちはおめでたくないので。。。
起こってないことで喜びもしないし
起こってもいないことで悲観的にもならないようにしよう
そういう態勢でいるよう心がけているんです

とりあえず そんな風に言ってくれてるメアリーを信じて
ついていってみようって思ってます



  ランキングに参加しました
 ↓こちらと。。。。。↓こちらをポチっとおねがいします
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ


Speech Therapy (ST:スピーチセラピー)トラックバック(0)  コメント(0) 

    2011

02.15

« ☆☆スピーチセラピー1回目☆☆ »

今日は3回目のスピーチセラピーがありました
ですが今日の話の前に1回目と2回目のセラピーの様子も書いておこうと思います

スピーチセラピーでは言語だけでなくコミュニケーション力(ソーシャルスキル)
を伸ばすお手伝いもしてくれます

☆☆1回目のセラピー☆☆

ぼっちんは新しい場所が大の苦手です
もっと小さかったころには行った事のない建物に入っただけで
人が驚くような大声で泣き叫びわたしをよく困らせたものでした
最近は言葉も進み(言葉は2歳8ヶ月ころからでてきました)
身の回りの出来事への理解も随分と進んだので
あらかじめどこへ行くのか、誰に会うのか等を伝えておけば
そこまで敏感に反応しなくなりました

ですがセラピー1回目は当然
新しい場所でしかも見知らぬ人と
狭い空間で何かをしようとする環境・・・
ダメなことだらけなんですぅ~っっ
やっぱり昔と変わりません
違うのは大粒の涙をボロボロとこぼしながらわたしに 
『おしまいぃ~おしまいぃ~
と言葉で訴えられるようになったことでしょうか・・・

こうなったらもう何もできません
全身で全てを拒否の臨戦態勢ですから
ぼっちんが落ち着くのを待つしかありません
大好きなおもちゃも何の効力も持ちません
セラピストのメアリーは一歩ひき、ままちゃんは
『だいじょ~ぶ だいじょ~ぶ』
『(こわいことは)おしまいよ』
と繰り返し語りかけ、とにかく落ち着くのを待ちました
その間ぼっちんの様子を伺いながらも
これからの予定なんかをメアリーと話したりしました
すると自分に危険がないことを察知したのか
徐々に落ち着きを取り戻してきたぼっちん

メアリーはその機を逃さず特別興味のありそうなiPadで
ぼっちんの気持ちを引き寄せました!!
これは大成功~っっ

ぼっちんはそういう機械ものが大好き
メアリーに手をもたれても全然平気な様子
普段は知らない人に触られたりするとすごく嫌がるのに
現金なものですなぁ~

まぁそれはよしとして
初日のセラピーはそんな感じで
ほとんど何もできずにiPadと他おもちゃで少しあそび終了~
せっかくのセラピーの時間!!何かを学んでほしいっっ!!!
と考えるのが普通なんじゃないかと思います

ですが自閉症のぼっちんと歩んできたこの3年半
物事がそう簡単に進むわけがないことは重々承知しています
スピーチセラピストのメアリーも言っていたことなのですが
ここはあせっても仕方ありません
こういう敏感なこどもにはまずこの場所が安全で楽しい場所なのだ
そしてメアリーは一緒にいて楽しい人なんだ
ということを回を重ねながら知ってもらうことが大切
毎回泣くことから始めたのでは限られた貴重な時間が
すぐに終わってしまいますしね

ぼっちんのことに関してはできるだけ『今どうこう』ではなく
半年後 一年後と出来るだけなが~い目で成長を見守るように心がけています
(もっと先のことは未知すぎて想像できません。。。)

2歳8ヶ月までほとんど何も言葉を発しなかったぼっちんが
今では日本語英語の両方で3単語~5単語の文を話すようになったのですからっっ
おどろきです
もちろんまだまだ下手っぴですけどね~

成長の早さは健常のこどもたちとは違うかもしれないけれど
ぼっちんのスピードで確実に成長を見せてくれています

今では“将来はこんなことができるのかもしれないし~”
”あんなことだって夢ではないのかもしれない”
なんてままちゃんが想像を膨らませる日もあるくらいです

自閉症と診断されてすぐの頃には考えられなかったことです

かなりスピーチセラピーの話しとはずれてしまいましたが。。。
これからもがんばりますよぉ~っっ



  ランキングに参加しました
 ↓こちらと。。。。。↓こちらをポチっとおねがいします
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ






Speech Therapy (ST:スピーチセラピー)トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。