--

--.--

« スポンサーサイト »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2011

03.05

« 自閉症児:バイリンガル OR モノリンガル ? »

これは今の私たちにとってはっきりとした答えのない大きな命題なのです


わたしたち家族が話す言葉は・・・

ぱぱちん  :オーストラリア人  :英語(日本語はすこ~し分かる程度)
ままちゃん :日本人        :日本語と英語(日常会話程度ですが・・・)
ぼっちん  :現在両国籍保持  :一応日本語と英語

ぱぱちんは日本語は基本的に話せません
ですから夫婦間の会話は英語です

そしてそんなわたしたちのもとに産まれてきたぼっちん
自閉症と分かるまでは当然バイリンガルでいこ~っっ♪
とお気楽に考えていたわたしたちですが・・・

2歳8ヶ月でやっと言葉が出てきたぼっちん
自閉症と診断されたのもちょうど同じ時期でした
(三単語が言えるようになったばかりでした)
先生には とりあえずは一つの言語に統一した方がよいと
当時は日本に住んでいましたからつまりは日常的に使われる日本語に統一すべきだと
言われました
ただでさえ言葉の発達が遅れている自閉症の子どもに対して
二言語を習得させるのは難しいのではないか という判断でした

わたしたちは議論に議論を重ね とりあえずは二言語のまま続けていき
ぼっちんが混乱するようなら一言語にしよう という結論に達しました

この頃すでにオーストラリアへ移住することも視野に入れていましたし
それよりも何よりもぼっちんは発話こそできませんでしたが
両言語を理解はしている様子だったので
せっかく理解している言語をわざわざ消し去る必要はないように思えたのです

☆自閉症だから コミュニケーションが苦手だから できるだけシンプルに分かりやすく
→(わたしたちの場合)モノリンガルで という考え方と

☆自閉症でコミュニケーションが苦手だからこそ
コミュニケーションする手段が多くあったほうがより選択肢の多い人生が歩めるのではないか
→(わたしたちの場合)バイリンガルで という考え方と

もちろんうちが同じ言語を話す家庭ならもちろんモノリンガルです!!!
しかしうちはままちゃんとぱぱちんの話す言語が違います
ぼっちんはそういう環境に産まれたのです

やっぱりその恩恵を受けさせてやりたいと思うのは親のエゴでしょうか。。。

4ヶ月前にオーストラリアへ引っ越してきて
日本語を話すのはぼっちんのまわりではままちゃん一人になり
これまで日本語も絶対話せるようになってほしい!!
って思っていたわたしの強い信念が ポキポキ と折れるようになりました

というのもぼっちんがせっかくおぼえた言葉も日本語では誰もわかってくれないのです
って 当たり前 すぎるほど 当たり前!! のことなのですが

実際にぼっちんが話していることを理解してもらえない場面を見てしまうと
なんだかかわいそうになってしまうのです
この間まで話せなかった子が一生懸命しゃべっているのにっっ
と悔しくなってしまいます

親バカですみません

それに言葉はぼっちんのよりどころでもあります
キィーーーーーーーーーーッッ と癇癪を起こしていても
「だいじょうぶ だいじょうぶ」と言ってもらうことで
落ち着くことができたりします
英語も教えてはいるのですがこういうせっぱつまった時の言葉に関しては
日本語の方が落ち着くようなのです

知っている英語もあるのですが
やっぱり母親であるわたしと過ごす時間の方が圧倒的に長いので
日本語の方がまだ優位にあるんだと思います

こんな風に悩んでいても幼稚園など集団生活をするようになれば
きっと英語優位になっていくのでしょうから
悩んでいても仕方ないんですけどねぇ・・・

まぁそんなこんなで最近のわたしは
一度に英語と日本語の両方話す変な人に化しています

しばらくはこんな生活が続くのかもしれませんねぇ~。。。

ちなみにオーストラリアのドクターにバイリンガルの件聞いてみたところ
「あ~ そんな子いっぱいいるから問題ないよ~」
とのことでした

ところ変われば・・・
ですね

もちろんこちらのドクターはそういう子どもたちをたくさん見てきたから
そんな風に言えるのでしょうけどね~



  ランキングに参加しました
 ↓こちらと。。。。。↓こちらをポチっとおねがいします
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ














スポンサーサイト

自閉症トラックバック(0)  コメント(4) 

Next |  Back

comments

おはようございます~。
オージーのご主人とままちゃんの家の中では、どういう会話がなされてるのか実は気になってたんです^^なるほど~♪
以前、家庭内で2言語を徹底している家族のドキュメンタリーを見たことがあります。
うちの息子も2歳半頃から言葉が出始めたんですが、3歳~4歳の頃から、一気に言葉が増えました。言葉が出なかった時期に、沢山吸収していたものが一気に爆発~って感じでした。
ぼっちん君も言葉を覚える力は強いはずです!
2言語でも、上手に使い分けていける日がくるんじゃないかなぁって思います。
すごいな~インターナショナルだなぁ~♪

kicchun:2011/03/05(土) 08:01:54 | URL | [編集]

難しい問題ですよね。うちも学校からは一つの言語に統一するように言われていますが・・・
こっそり家では日本語使ってます(笑)

というのも、私のお世話になっている先輩日本人自閉症児ママさんも、お子さんが小さい頃は回りから「子供が混乱するから英語のみに統一しなさい」と言われていたようなのですが、英語苦手だからという理由で家庭内では日本語を貫き通したそうです。
そうしたら今ではお子さん、バイリンガルですよ~

子供って、自閉症だとしても、親が思っているよりもたくさんの可能性を秘めてますからね・・・
それをこちらの考えでいろいろ制限しちゃうのも、もったいないって思いますよね。

くまこ:2011/03/05(土) 08:04:27 | URL | [編集]

☆kicchunさん☆

こんにちは♪
そうですね、きっと息子は今たくさん言葉を蓄えているんですよね~。ってことは、わたしたちがこの時期にどれだけたくさんの言葉を掛けたかによって後々の爆発の大きさが変わってきそうでうですね!!
がんばらねばっっ(^ー^)ノ

kuni:2011/03/05(土) 18:44:12 | URL | [編集]

☆くまこさん☆

そうですか!!やっぱり言語を統一するように言われてるんですか。
でもくまこさんのお知り合いの方のようにバイリンガルになる子も実際にいるんですもんね。
ホント、こちらが勝手に子どもの可能性を狭くするなんてもったいないですよね~。
わたしたちには到底できないことが彼らにはできたりもするみたいだしっっ♪
こどもたちの未来を楽しみにしてましょ!!な~んて(^_^;ね

kuni:2011/03/05(土) 23:26:31 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。