--

--.--

« スポンサーサイト »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2011

03.02

« 龍馬の母のように。。。 »

今日はぼっちんのお話しではないのですが
良かったら読んでいってくださいな  

『坂本龍馬』
わたしは恥ずかしながら学生時代 歴史がそれほど得意ではなかったので
彼がどんな偉業を成し遂げたのか ほとんど記憶にもありませんでした
わたしにとってはテストの為に年号などと共に覚えなければならない名前の一つでしか
ありませんでしたから・・・

ですが去年 大河ドラマ 『龍馬伝』 を見始めて
これがっっ どっぷりと  はまってしまいました

坂本龍馬はこんなにすごい人だったのかと驚きながら
(無知なわたしをお許しください。。。
とても楽しく見ていました

その 『龍馬伝』 も今日、最終回を迎えました
(うちでは ですが。。。 海外にいるもので古い話題ですみません
その最後の方のお話のことを少し書きたいと思います


※分かりづらかったら申し訳ありません


龍馬が暗殺される少し前
龍馬は上下関係もなく みなが平等で 自由に生きられる新しい日本をつくりたいと願い
それを実現するため日本中を駆け回ります
そして最終的にそれを成し遂げるには「大政奉還」しか方法はない という結論に達します

その過程で龍馬は土佐藩主 山内容堂に会い第15代将軍である徳川慶喜に
「大政奉還」を成すことを進言する「建白書」を提出するよう説得します

その際山内容堂は龍馬に対し
「お前はたくさんの友人を殺したわしが憎くないのか」 と問います

すると龍馬は
「憎いです しかし わたしの母は『憎しみからは何もうまれん』と教えてくれました」
と答えます

それを聞いた山内容堂は最終的に龍馬の意見を聞き入れ「大政奉還」を進言する「建白書」を書き 第15代将軍徳川慶喜もそれを受け入れ、龍馬の夢だった大政奉還が成し遂げられたのです


書いてしまうとたったこれだけのこと ですが
土佐の下士(身分の低いもの)の家に産まれた龍馬が最終的には将軍をも動かす大仕事を成し遂げるに至ったのには龍馬に恐ろしいほどの行動力と人をひきつける魅力があったからでした

そしてそんな龍馬へと育てたのは母の大きな愛とすばらしい教えだったのだと思います
『龍馬伝』を見てわたしもそんな母になりたい と思いました


龍馬のような大それた人になる必要はない


でも龍馬のように大きな自信と信念をもった人になってほしい


ぼっちんにはハンデがある


でもそんなことは関係なく 自分に自信をもって生きていってほしい


わたしも龍馬の母のように大きな愛とただしい教えをぼっちんに託したい


わたしは龍馬の母のような大きな人間ではないけれど


でも努力ならできるはず


わたしの教えが少しでもぼっちんの人生で役に立つように


わたしなりにがんばろう


今日は龍馬が暗殺され 少々感傷的になってしまいました。。。



  ランキングに参加しました
 ↓こちらと。。。。。↓こちらをポチっとおねがいします
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ




スポンサーサイト

ままちゃんのつぶやきトラックバック(0)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

うん、うん、いい話やな~~。
kuniさんなら、絶対できるはずだよ!
子どもの話を沢山聞き受け入れてあげ、親の優しさをいっぱいもらえば、必ずや自信を持って生きれる子になれると私も信じてますっ^^
お互い、「自分なり」に、頑張ろうね!

リンクの許可、ありがとう~~~♪
私も・・・初めての事で・・・えへ!笑
時間かかりそうですが・・・てへ!爆

kicchun:2011/03/03(木) 20:50:29 | URL | [編集]

☆kicchunさん☆

そうですよね、わたしもぼっちんが自信を持てる子になるよう愛情いっぱいでがんばります!!

わたしも早速リンクさせて頂きました(^ー^)ノ
思ったより簡単でした。ブログってよく出来てますよねぇ♪

kuni:2011/03/04(金) 19:03:01 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。