--

--.--

« スポンサーサイト »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2011

04.09

« 言葉の発達 »

オーストラリアに来て早6ヶ月
時が経つのは早いですなぁ~

わたしがこの6ヶ月で変わったことと言えば
4ヶ月で4キロ太ってしまいこの2ヶ月(気持ち的には)
必死にダイエットに励んでいることぐらいなのですが・・・

そんなわたしとは裏腹にぼっちんの成長には目を見張るものがあります
※親ばか視点で見ていることは言うまでもないですが・・・ご了承くださいませ

まずは言語面から・・・

☆言語面☆
言葉を話し始めて約一年が経ちました

~言葉が出始めてから最初の6ヶ月間~
丁度言葉が出始めた頃にABAと出会いオーストラリアへ来るまでの半年間は
親がメインで行うABAを週14時間を目安にやっていました

下記はつみきの会からの引用です

ABAとは・・・
ABAは日本名で「応用行動分析(Applied Behavior Analysis)」、別名「行動療法」といいます。伸ばしたい行動にはほめたり、ほうびを与えて伸ばし、抑えたい行動に対しては、ほうびを一切与えないことや、軽い不快を与えることによって抑える、ということを基本とする方法です。


詳しくはつみきの会をご覧ください
(わたしたちはつみきの会以外でABAを指導いただきました)

その効果はてきめんでした!!
あの頃は日常の場面でのぼっちんの興味の範囲がとても限られていたので
物を転がしたり落としたりしてそれを眺めるだとか
電車を横目で眺めながら走らせるだとか・・・
机上で行うABAでは物の名前をとにかくたくさん教え込むことができ
それは即、日常生活で役にたちました

ぼっちんはそれまで多くの物に名前があることも知らなかったのではないか
というくらい興味がなくて・・・
動物たちも実際に馬とか牛とか見ても
す~~っと素通り・・・
それよりもドアを開けたり閉めたりする方がずっと好きでしたね

でも言葉をどんどん覚えて
またそれを使ってわたしたちとコミュニケーションがとれるようになってから
ぼっちんの興味の幅も少しずつ広がっていったように思います
それでもまだこの頃は一人でする感覚的なあそびにはまっていることが多かったですねぇ
感覚的なあそびについてはこちらで自己刺激行動として紹介しています→ぼっちんの世界
よかったら見てみてください

またABAで行ったマンドトレーニング(マンドについては↓をご覧ください)により
「~ちょうだい」や「~やって」などの要求語を使って
自分の要求を言葉で表現できるようになったのはもちろん
それまで困っていた
『ちょっと物事がうまく行かないと金切り声で きぃ~~~~っっ と叫ぶ』という行動
が「ママ直して」や「ママ手伝って」などの『言葉で助けを求める』行動へ修正され
ぼっちんにとってもわたしたちにとっても生活が少ししやすくなりました

・・・とは言うものの
今でも『嫌なことがあると叫ぶ』という困った行動は修正できてないのですが・・・


マンドとは・・・
要求言語のことで、何か欲しいときに「ちょうだい」や他者に何かして欲しいことがあるときに「~して」と言う個人の要求を表現するすべての言語活動。



~またその後の半年間(言葉が出始めて半年後~一年の間)~
オーストラリアに来てからの半年間の言葉の発達の様子です

その前に・・・
言葉の発達について書く前にオーストラリアでの医療について簡単にご説明します

ぼっちんが自閉症であるという診断がなければ
今通っているST(言語療法)・OT(作業療法)・早期療育センターでの療育
は受けられません

ですからオーストラリアへ来てまず最初にしたことはGPの予約をとることでした

オーストラリアでの医療はまずは一般開業医(GP-General Practitioner)に診てもらい
必要に応じてその専門医(Specialist)を紹介してもらうという形式をとります

ですからすぐに小児科に行きたくてもまずはGPに診てもらわなければいけません
それから小児科の先生を紹介してもらい、紹介状を手に小児科へ予約をとり
やっと小児科の先生に診てもらえるわけです

そしてその予約待ちがひどいと6ヶ月とか・・・
ひぇ~っっ  そんなに待てない~っっ
日本の大病院もそういうとこありますけどねぇ
早く診てもらいたい患者としてはとっても長い年月ですよねぇ

でも今回は意外と早くとれて一ヶ月半後に診てもらえました!!
いがった いがった

小児科の先生に無事?!自閉症と診断され
すぐにST(言語療法)・OT(作業療法)・早期療育センターへ連絡し
STは2月からOTと早期療育センターは3月から始まりました

そんなぼっちんの言葉の発達の様子ですが
2月からはじめたSTでのアドバイスをもとにわたしたちがお家で
日々言葉を話す練習を重ねています

その甲斐もあって最近は少しセンテンスも言えるようになってきました

ちなみに・・・以前 自閉症児:バイリンガル OR モノリンガル ?ではバイリンガルを目指します!!と書きましたが
(今もその気持ちは変わらないのですが)
とりあえず今は英語を優先的に教えてやり生活がしやすくさせてやる方が
重要だという気がして、今はわたしも7割方英語でぼっちんに話しかけています

最近のぼっちんの言葉集
★"I wanna go ~"「~へ行きたい」
→ 毎朝~の部分を変えて言って来ます
★"I wanna eat cake at ~"「~でケーキが食べたい」
→お買い物に行くとどこかでお茶することが多いのでぼっちんのお目当てであるケーキの話です
★"I want mum to sit down"「ママに座ってほしいの」
→おままごとにハマッテいるぼっちん 一日中これ言ってます
★"I wanna open the door"「ぼくがドアを開けたいの」
→お出かけのときに開けるガレージの電動ドア
★"I wanna watch Thomas"「トーマスが見たいの」
→最近はトーマスか新幹線か ですね
って、どっちも電車じゃないかぁ~っっ!!
★"Daddy is shopping. Coming back soon"「パパはお買い物。すぐ帰ってくるんだ」
→まだ仕事とか分かってなくてお買い物でぱぱが居なくても納得
 そして帰ってくるんだって自分の言い聞かせている
★"After dinner mum play cooking?"「ごはんのあとでお料理のおままごとしようね」
→最近お料理に目覚めているぼっちん もちろんあそびでですが
その結果、床の上にはおもちゃの食べ物が大量に散乱している今日この頃

そして一日の最後には・・・
★"I wanna sleep with mum"「ママと寝たいの」
→3ヶ月前ぐらいから始まったママと寝たい症候群
うれしいようなぁ~ たまに疲れるようなぁ~
今までそういうの全然なかったのになぁ。。。?不思議

てな感じです
日本語は紹介しませんでしたが
英語は結構センテンスで自分の要求が伝えられるようになってきました

覚えはなかなか良いので教えればすぐに覚えてくれます
つまり、わたしたちがいかにたくさん教えてぼっちんにインプットさせることができるか
それにぼっちんの成長がかかってますぅ~~っっ

がんばらねばぁ~~

やばい、もう夜中の一時すぎてもうたぁ~っっ

また言葉の発達についてはSTの報告とともにしていきたいと思います!!

今日は長々と読んでくださってありがとうございます♪



  ランキングに参加しています
  よかったら↓こちらと。。。↓こちらをポチっとおねがいします
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ






スポンサーサイト

自閉症トラックバック(0)  コメント(8) 

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。