--

--.--

« スポンサーサイト »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2011

02.16

« ぼっちんの世界 »

ぼっちんは時としてわたしたちには意味の分からない行動をとることがあります

☆ドアを開けたり閉めたり をずっと繰り返す
☆分厚い本をひたすらパラパラめくり続ける
☆砂を上から落としそれを眺める を繰り返す
☆ボールを転がしそれをただ眺める を繰り返す
☆長い線を横目で追いながら何度も行ったり来たりする
など単調な行動が好きです

これは自己刺激行動といわれ自閉症のこどもの特徴のひとつでもあります
自己刺激行動というのは聞きなれない言葉だと思いますが
こういう行動をとることで気持ちが落ち着いたり心地よく感じるのだといいます
わたしたちも気持ちを落ちつかせるために同じような行動をとることがありますが
それは人によって貧乏ゆすりだったりペンをカチカチと鳴らすことだったりするわけです
ただ自閉症のこどもたちは他者との関わりが苦手でそれを避ける傾向にあります
ですから人とコミュニケーションをとるよりも自分にとって心地のよい行動(自己刺激行動)
ばかりに執着するケースが多いのです

これは自閉症の特徴である『何かに固執する特性』からくるものだそうです
こういう特性はなくなりはしないのですが
年齢とともに減っていったり変化したりするそうです

また年齢とともに社会的に認められる行動に修正して行かなければならない行動もあります
例えば『長い線を横目で見ながら追う行動』は
この先止めさせなければならない行動といえます
なぜならこの行動をとることで周りの人に迷惑がかかったり
自分を危険にさらすことがあるからです

例えばですが
ぼっちんとスーパーに行くとこうなります
スーパーでは商品がきれいにまっすぐに陳列されていますよね
しかもなが~~く
これはぼっちんにとっては大好物の『長い線』なのです
普段はままちゃんの姿が見えなくなると
「ママ~!! ママ~!!」と必死に探しにくるぼっちんですが
大好物の『長い線』を目の前にするとままちゃんなんて目にありません
たったったったぁ~~っっ
と線を追っていなくなってしまいます
しかも真横を向きながら線を追って小走りしているのですっっ
もう危なくて危なくて
これは人にも迷惑をかける上に自分も危険なので
やめさせなければならないですよね

こう言ってる時点で止めさせられてないのがバレバレですよねぇ
なんせ大好物なのもでそう簡単にやめてはくれません
無理にやめさせても他に同じような行動がででてくるだけらしいのです
ですから無理にやめさせる のではなく
やめさせたい行動をしにくい環境をつくることが大切なのだそうです
ですから『線追い』すると迷惑のかかる場所(スーパーなど)には連れて行かない
ことを心がけています

とは言ってもどうしても連れて行かなければならないこともあります
そういうときはぼっちんの『好きな食べ物を探そうゲーム 』 をしながらであれば
『線追い』も以前ほどはしなくなりました

でもこの問題はままちゃんたちのこれからの課題です。。。

このように今はまだ上記の行動をとることも多いぼっちん
大きくなったらどんなかたちに変化しているのでしょう??
社会的に認められる『何か』に変化するように。。。
ままちゃんとぱぱちんでサポートしますよぉっっ


  ランキングに参加しました
 ↓こちらと。。。。。↓こちらをポチっとおねがいします
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ


スポンサーサイト

自閉症トラックバック(0)  コメント(2) 

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。