--

--.--

« スポンサーサイト »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2011

10.06

« スピーチセラピー 2011年10月①-2 »

先日の続きです・・・

セラピストのメアリーからは
『ずいぶんと言葉(単語)の蓄積が増えてきたからこれからは
言葉ももちろんだけど文章にする練習をしていきましょうね』
と言われました

今までは
犬を指して"What's this"という質問に対して
"Dog"という答えでよしとしていたところを
"It's a dog" や"It's a brown dog"
という風に文章で答える練習を更に強化していきます

またstorytelling(物語を語ること)の練習も入れていきます
想像力が乏しいと言われる自閉っ子たち
現在のことと過去のことを関連付けたり
未来のことを想像するのが苦手とされています

だから『今日は何をした』『明日は何をする』といったことを
自分で考えて話すことはとても大切なのです

その練習材料として絵本を使うとよいのだとか
実はこの話はメアリーと出会った当初から言われていたこと
絵本を使って物語を自分で語る練習をするといいと

7ヶ月ぐらい前ですかね~
それを言われたころはもうそんなもんとんでもなぁ~いっっ!!!!
言葉はそれなりにでていたけれど物事の理解がまだまだ浅く
多くの場面で『聞く耳をもたない』状態でした
遊び方にしてもこうすると面白いよと私が教えようとしても
それが面白いかどうかなぞどうでもいいんだ
自分が思ったとおりの遊び方で遊びたいんだ
というスタンスでした

ですから絵本を語るとか・・・
はっっ?!って感じで
その練習をしようとして絵本の内容の質問なぞしようもんなら
キィ~~っっ と叫ぶことは必至

今までそんなことしなかったじゃないかぁ~っっ
今までと違うことするなぁ~っっ
・・・っていう感じでした

あれから7ヶ月たって
っていうか…たった7ヶ月しかたってないのだけれど

今は何となくそれらしいこともできるようになりました
まだ一人で物語を語るという域には達していないけれど
"What happens next?" とか "What's wrong with ...?"
などと質問するときちんと答えてくれるようになりました

この7ヶ月で一番大きく変化したのは
ぼっちんがわたしたちの意見に耳を傾けてくれるようになったこと

それまでの自分流だけだったぼっちんのなかで
自分以外の人が言うことを聞いてみよう
そして聞いてみてやってみたら楽しかった

という経験が増えていき
『な~んだ、自分流だけよりもなんだか楽しいぞ』
っということを発見したのだと思います

こういう風に聞く耳を持つようになってくれるとこっちのもんですよね
これまでは無理!!と思っていた療育も私たち次第で
いくらでも進めていくことができます

と言ってもあまりがんばらないことにしているので
ほどほどに・・・
という感じですけどね~

ぼっちんとの試行錯誤の生活はこれからも
ずぅ~っと続いていくわけで
今だけ頑張ればいいというものでもないので
私たちが途中で息切れしないように
と自分に言い聞かせて(言い訳して?!)
ほどほどな療育生活を送っております

・・・でもそういう風に思えるようになったのは最近ですけどねぇ~

また話がセラピーと関係ない方向へ・・・

あと一つだけ書き留めておこうっっ
またstorytellingに話をもどしますが
この練習をする際にいつも頭に置いておくべきことが4つ

1)いつ?
2)誰と?
3)どこで?
4)何をした

って日本語に直してみたら聞いたことあるフレーズではないのっっ
まぁ当たり前っちゃあ当たり前のことかもしれないけれど
質問する側が頭に置いておかないとね
ぼっちん発信はあまり期待できないわけですし
こちら側が聞いてやらないとね
それを毎日毎日練習するうちにいろんなことが
ぼっちんの中で結びついていって自分からも
「今日ね~幼稚園で誰々とこんなことしたんだよ~」
みたいなことが言えるようになるのでしょうね~
夢はふくらむっっ

半年ぐらい前から
寝る前にベットで今日を振り返るようにしています
今までは何となくその時々で教えたい単語を使う練習をしたりとか
今日明日という時の概念を教えることに重点を置いてみたりと
なにげにこの寝る前の少しの時間が貴重な療育タイム?!になっているかもっっ
これからは『いつ誰ととどこで何をした』ということを頭において
話をしてみようと思います

いやぁ~随分長くなってしまったわっっ
では今日はこの辺で・・・

スポンサーサイト

Speech Therapy (ST:スピーチセラピー)トラックバック(0)  コメント(0) 

    2011

10.04

« スピーチセラピー 2011年10月①-1 »

とぉ~ってもご無沙汰しております。。。

ぼっちんの学校のことやら幼稚園のことやら
とにかく忙しくてお休みしていました

これからも以前ほどは更新できないと思いますが
マイペースにぼっちんの成長記録をつけていこうと思っています♪

 ★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜


以前は週一回通っていたスピーチセラピーですが
幼稚園にも通い始め 忙しくなってきたので
同じ曜日に作業療法とスピーチセラピー両方を一週おきに
交互に通うことになりました

レッスン中ぼっちんは本当に人が変わったようにおとなしく
とっても真面目にレッスンを受けるようになりました

今年の2月から通いはじめ
当初はこんなんで為になるのだろうか・・・
と頭を抱えるほど酷かった態度も
いまでは微塵も感じさせない変わりよう

今休暇をとっているパパちんも約半年ぶりにスピーチセラピー見学へ
息子の変わりようにめちゃくちゃ驚いていました
でもとても嬉しそうでもありました

家の中でのぼっちんしかしらないパパちんは
外であんな風にきちんと出来る息子をみるのは
とっても新鮮で嬉しいことなんだろうなぁ~と
わたしはパパの観察もしてしまいました

この半年の間 今まで遅れた分を取り返そうとするかのように
すごい勢いで成長を見せてくれたぼっちん

ちょっとした会話まで出来るようになってきて
母はこの成長を信じられない思いで見守っています

最近の口癖は
”Oh my goodness"
「まったくも~」というような意味なのだけれど
一日の中で何度も何度も使っています
はじめてぼっちんがこれを言ったときには
ちょっとびっくりして誰が言ってるの?
と聞くと"Miss A says Oh my goodness"との返答

それからは毎日口癖のように言ってます
何か困ったことがおきたときや
ごっこ遊びの中で車と車をクラッシュさせて言ってみたり・・・
おいおい、事故ったらそんな余裕ないよっっ
と心のなかでつっこみながらも
おもしろいなぁ~と思いながら見ています

・・・またセラピーと関係ないことばかりだわ

またこの続きは後日書こうと思います

Speech Therapy (ST:スピーチセラピー)トラックバック(0)  コメント(2) 

    2011

06.27

« これからの課題☆言語について »

先日、最近ぼっちんのST(スピーチセラピー)が順調に進んでいることはご報告しました
(→・・・最近のスピーチセラピーでの様子

あれから一ヶ月ほど経ちますが嬉しいことにそれは変わらず続いておりまする

そしてきちんとレッスンが受けられるようになった今
ぼっちんがまだまだ理解できていないこと(知らないこと)が浮き彫りに・・・

それを忘れないうちに書き留めておこうと思います

ぼっちんはままちゃんやぱぱちんが面と向かい
きちんと教え込んだことは比較的よく覚えています
記憶力はなかなかぐぅなのよね
でも日常生活の中で自ら言葉を獲得していく
となるとやっぱり難しいんですよね~

それで、ぼっちんは何を理解していて何を理解してないんだろうって
考えてみるとそれを知ることも結構むずかしい。。。
正直わたしたちも何を教えて何を教えてないのか
メモとってるわけじゃないですし覚えてないんですよね~
絵本に出てきたからその場でなんとなしに教えたものもありますし
日常場面でよく使う言葉やフレーズだから教えましたというのもありますしね~

そういえば昨日も「えっ」それ知らなかったの?ってことがありました
ぱぱちんが昨日あったことをぼっちんから聞いていて

ぼっちん:「今日は~ケーキ食べたの~」
ぱぱちん:「へぇ~ どこでケーキ食べたの?」
ぼっちん:「Playgroundに行ったの~」
ぱぱちん:「ううん、どこでケーキ食べたの?」
ぼっちん:「???」

結論:"Where"「どこ」の意味が分ってなかったんです

今までそれに気づきませんでした
いつもお決まりの質問と答えを繰り返していたので
少し変わったときに、えっ?今まで使ってなかったっけ?
となったわけです

いつもの決まり文句

ぱぱちん:「今日は何したの?」
ぼっちん:「今日は~○○で~ケーキ食べたの~」
ぱぱちん:「へぇ~ケーキ食べたんだぁ、何のケーキ?」
みたいな感じで続きます

いつもなら「今日は何したの?」という質問に対して「どこどこで何々をしたよ」と答えるので
ぱぱちんが「どこで?」という言葉を使う必要がなかったんですよね

でも昨日はめずらしくぱぱちんが「今日は何したの?」と聞く前に
ぼっちんが自分でケーキを食べた話を始めたので
「どこで?」という質問をすることになり
その言葉自体を知らなかった、ということに気づいたわけです

最近は言葉の数が増えてきていたので
"Where"ぐらいは知ってるかと勝手に思い込んでいて
えっっ??と少し驚いてしまいました

こういうことが ちょくちょく でてくるようになりました

先日もSTでメアリーに「今日、朝ごはん何食べたの?」と聞かれ
「 ・・・ 」と固まってしまいました
食べたものは「シリアル」→知ってる
「何食べたの?」というフレーズも→知ってる
・・・ということは??
”breakfast"「朝ごはん」が分からなかったんですよね

ちょっと え~~っっ て思っちゃいましたけど
よく考えたら「これは朝ごはんよ」ときちんと教えたことはないかも。。。
「ごはんよ~食べるよ~」みたいな感じで済ましてました、わたくし。。。
これは教えんといかんですねっっ
朝ごはん・昼ごはん・夜ごはん!!

それに朝・昼・夜も
今日・明日・昨日という概念もまだだっっ
こうして気づいたときに書きとめておかないと
また忘れてしまうんです

これはまだほんの一部で・・・
STでご指摘いただいたものがたくさんありまして・・・
まぁこれからの課題なんですが
今日はこれを書くつもりがまた話しがそれてしまって
書けませんでした

また次回書こうと思います♪


ご訪問ありがとうございます

Speech Therapy (ST:スピーチセラピー)トラックバック(0)  コメント(2) 

    2011

05.11

« 『最近のスピーチセラピーでの様子』 のつづき »

少し前にST(スピーチセラピー)のことを書いていたのに
眠くなってしまい途中になってました(→過去記事

今日はその続きです・・・

今年の2月から通い始めたスピーチセラピー
実は最近(と言ってもここ3回ほどですが…)
と~っても調子いいのですぅ~

レッスン中ずっとイヤイヤで何も出来なかった時もありましたが
ここんとことっても おりこうさん にレッスンをうけとります!!

例えば一ヶ月前には拒絶していた絵本を使ったレッスン
これもすんなり受け入れてメアリーの質問にも
きちんと耳を傾けて受け答えしてるしっっ!!
『あんなに嫌がってたじゃないの、あんたっっ』
って突っ込みたくなりますよ~。
もうびっくり!!

ちなみにその内容はこんな感じです

 「絵本の読み聞かせ」というのではなく
 絵本の絵を見ながらいろんな質問をしそれに答えさせることで
 よく観察し、考える力をつける練習です

 いろんな動物のいるページを見ながら
 「首のなが~い動物はどれだ?」
 「そうキリンだね、じゃあキリンは何頭いる?」
 「そう2頭だね、じゃあキリンは水の中にいる?それとも木の下にいる?」
 「そうだね、キリンは木の下にいるね」
  
 同じページで
 「水の中にいる動物はなあに?」
 「そうかばだね。じゃあかばは何色?」
 「そうだね、グレーだね。じゃあ、かばは何してる?」
 「そうだね、ねてるね~」

 などなど・・・考えると絵本でこれだけたくさんの質問ができるのですねぇ~
 これならうちでも出来るかもっっ
 (と、その時は思ったのですがうちではなかなかやりませんねぇ・・・)

 そしてこの絵本の最後にぼっちんがどれくらい覚えているかのチェック
 「木の下にいた動物はなんだったっけ?」
 「水の中にいた動物は?」
  
ここではメアリーがした質問を並べてみました
ぼっちんがきちんと答えているかのように書きましたが
実際には分からないものも多くありました
(質問が分かりやすいように書いてみました)
でも大切なのは、メアリーの質問に対して真剣に耳を傾け
間違えていても自分なりに答えを考えたり
分からなければ聞いたりする姿勢ですよね
最近ぼっちんがおりこうさんといったのは
この姿勢が見られるからなんです!!!
本当に別人のようで・・・
母はうれしいですぞっっ

この変化はぼっちんが死ぬほど?!嫌がってる(→過去記事
あの学校のおかげなんじゃないかって思ってるんです 
これは、わたしが勝手に思ってることなんですけどね

だってぼっちんったら学校のない日でも学校でやった歌うたってるし
テレビのこども番組で学校でやったことしてるとすごい嬉しそうに
" Same at school!! "ってわたしに言いにくるし♪

今までいわゆる子どものうたって嫌いだったんですよね、ぼっちんは
英語でも日本語でも
だからうちでいくらわたしがテンション上げてノリノリに歌って踊っても
『お~し~まい!!!』って言われてました
ママかわいそう。。。

それが今じゃあ、知らない歌はやっぱりダメだけど
学校でやってきた歌なら一緒に嬉しそうに
なんなら振りつきで歌ってくれます

こんなすんばらしい変化をもたらしてくれている学校だもの
STでのぼっちんのこの劇的な変化も学校がもたらしてくれたに違いない!!!
わたしは勝手にそう確信しておるのです

ホントここ最近のぼっちんの変化には目を見張るものがあるんですよねぇ~
(って完全に親バカです)
これについてはまた後日・・?!きっと書きます!!!



  ランキングに参加しています
  よかったら↓こちらと。。。↓こちらをポチっとおねがいします
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ


 
 


Speech Therapy (ST:スピーチセラピー)トラックバック(0)  コメント(2) 

    2011

05.03

« 最近のスピーチセラピーでの様子 »

今日は週一回のST(言語療法)の日でした

ぼっちんのセラピーでの様子は一進一退といった感じ
最初のころはとっても楽しくやっていたのだけど
セラピストのメアリーが内容を少々難しくし始めたところ
(ぼっちんができると思ってやってくれたことみたいなんだけど・・・)
一気に形勢悪化・・・
ぼっちんの態度があまりにひどくなっていく一方なので
それを見かねたメアリーが内容を少しゆるくしてくれて
ぼっちんもやっと少し態度をあらためることができました

はぁ~良かったぁ~
だってひどい時はレッスン中ず~っと機嫌が悪くて
「ママぁ~ ママぁ~ ママぁ~ ママぁ~ ママぁ~」を連呼しながら
いつものことながら、泣くわ わめくわ でもう大変だったのです

『レッスンにはお母さんも一緒に参加してくださいね』
と言われているわたしはそんなぼっちんを放っておくわけにもいかず
(本音を言えば全部お任せしたいところなんですけどねぇ~)
レッスン中ひたすらぼっちんの機嫌取りをしなくてはならず
もう ヘトヘト になっていたのですぅ

しかもこのレッスンとってもお高くてなんと一時間$160なりぃ~
日本円になおして約1万5千円なりぃ~
高いですよね~??

 とは言ってもオーストラリアではいろんな援助金ももらえるので
 今のところこちらは政府にお支払い頂いているのですが
 それも年間使える限度額ってもんがあるので
 このままいくとすぐに自腹切らなければならんことに・・・


だからやっぱり一時間ほとんど何もできずに終わる
というのはやはりもったいない感も否めんのですぅ
ケチくさいなぁ~
と言われたら何も言えんのですが(^_^; アハハ…

そうは言ってもケチぃだけじゃなく
ぼっちんに少しでもメアリーから学んでもらいたい
というのが第一にあるのでね~

そんなぼっちんでしたが今日のレッスンはなんとバッチシでした
その様子まで書くつもりだったのですが・・・

どうも睡魔が襲ってきておりまして
今日はここまでにしてまた後日セラピーの様子や今週の課題について書こうと思います

それではみなさま
おやすみなさい。。。


  ランキングに参加しています
  よかったら↓こちらと。。。↓こちらをポチっとおねがいします
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ


Speech Therapy (ST:スピーチセラピー)トラックバック(0)  コメント(4) 

 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。